bleague.jp
MENU

東京八王子ビートレインズ

HACHIOJI BEE TRAINS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合レポート】12/17,18vs大塚商会アルファーズ

【試合レポート】12/17,18vs大塚商会アルファーズ

2016-17シーズン
レギュラーシーズン第6節HOME

対戦相手: 大塚商会アルファーズ
日時:12月17日(土)
18時試合開始

スコア:東京八王子トレインズ82-86大塚商会アルファーズ

 

1Q18-11
2Q24-23
3Q21-24
4Q19-28

試合開始直後からトレインズの流れが続き
#32 エドワードのダンクが決まるなど
前半を8点差をつけ終了。


3Qを5点リードで終了し最終4Q残り時間6分,
大塚商会#16 鮫島のスリーポイントが決まり、ついに逆転を許してしまう。
その後も大塚商会は得点を重ねていくが、
トレインズもこのままでは終わらず、
残り時間40秒で#1 池田のスリーポイントが再び決まり、点差は2点まで詰め寄る!


しかし相手の勢いを止めることはできず、
4点差をつけられ試合終了。


☆主なスタッツ
#52 アレクサンダー 17PTS,10R
#32 エドワード 15PTS,6R
#14 地久里 14PTS,2R
#77 大金 9PTS,11R,5AS


※PTS:ポイント R:リバウンド AS:アシスト


日時:12月18日(日)
15時試合開始

スコア:東京八王子トレインズ84-89大塚商会アルファーズ

1Q20-19
2Q27-24
3Q23-23
4Q14-23

試合開始後から土曜日に引き続き、
両チームとも堅いディフェンスからチャンスを作り得点を重ねていき
リードをしているものの、大きく点差を離すことのできないトレインズ。


前半終了を4点リードをし迎えた3Q。
開始約4分後、大塚商会#32 長谷川のシュートが決まり逆転を許してしまう。
しかし直後に#52 アレクサンダーがシュートを決め、簡単には主導権を譲らないトレインズ!


なんとか3Qも4点リードしたまま、最終4Qへ!


そのままリードをし終了したいところだが、
残り時間1分再度、大塚商会に逆転を許してしまう。
その後トレインズも点数を入れ返し、残り時間14秒で1点差に詰め寄る!
しかし、大塚商会の激しいでフェンスにより、ボールを取られてしまい
そのまま得点を許し5点差をつけられ試合終了。


☆主なスタッツ
#32 エドワード 16PTS,10R
#22 カール 13PTS,6R,2AS
#30 鳴海 13PTS
#77 大金 13PTS,4R,3AS


※PTS:ポイント R:リバウンド AS:アシスト


年内最後のホームゲームそして、立川初開催を勝利で終えることはできませんでした。
しかし会場で最後まで熱い応援ありがとうございました!

ユニフォームパートナー
オフィシャルパートナー
オフィシャルサプライヤー
サポートパートナー
協力企業
メディアパートナー