MENU

東京八王子ビートレインズ

HACHIOJI BEE TRAINS

MENU
TEAM

TEAM

HOME > チーム情報 > チームの歴史
 

チームの歴史

2012年1月
新体育館設立構想を知り、プロチーム設立準備室の設置
チーム名を『東京八王子トレインズ』と命名
小学校、中学校、高校を訪問し、バスケットクリニックを実施
⇒現在までに30回以上開催、参加チーム60チーム以上、参加人数1,200名以上が参加

2013年1月
チームトライアウト実施
八王子に関わりのあるメンバーを選抜
市民大会、東京都民大会、東京都青年大会へ出場

2014年7月
日本プロバスケットボールリーグへプロリーグ参入意思表示

2014年7月23日
NBL顧問弁護士、リーグ職員が八王子市教育委員会スポーツ振興課へ訪問
⇒八王子市として応援する意思の有無、新体育館利用可否をヒアリング
その結果、八王子におけるプロチームの可能性を評価している

2014年7月30日
NBDL代表者会議にてプレゼン実施
⇒八王子市の人口の多さ、バスケットが活発であること、新体育館の紹介等(出席者の意見)
・プロチームが市内に根付く可能性が高いことへの期待
・シーズンを通して同じ会場でゲームを行う事ができる事への羨望
・運営会社設立の遅れを懸念

2014年8月
NBDLへ中間報告・・・資本金、協賛金、署名の進捗状況の報告

2014年9月
NBL理事会にて最終プレゼン参入決定!!
参入条件
①運営会社設立_資本金1,000万円以上 ⇒ 年内に設立
②協賛見込み3,000万円以上 ⇒ 3,070万円(申請時)
③署名10,000人以上 ⇒ 20,208人分

2015年10月
NBDL2015-2016シーズン開幕!!ついに東京八王子トレインズが出発。
東京八王子トレインズの初戦は10月24日・25日にエスフォルタアリーナ八王子(サブアリーナ)にて行われ、2日間で1,750人が来場。初戦を白星で飾る

2016年3月
年間36試合(ホームゲーム20試合)を戦い、17勝19敗で6位(9チーム中)という結果で2015-2016シーズンが終了(NBDL)

2016年10月
2016-17シーズン開幕。Bリーグが誕生し、東京八王子トレインズはB3リーグからスタートする

2017年5月
年間50試合(ホームゲーム28試合)を戦い、ファーストステージ2位、レギュラーシーズン3位、ファイナルステージ3位でシーズン3位(9チーム中)でB3リーグ1年目を終える

2017年9月6日
Bリーグ理事会にて、東京八王子トレインズがBリーグ準加盟クラブとして認定される

2017年9月
B3リーグ2017-18シーズン開幕

2017年11月22日
東京八王子トレインズは八王子市との連携協力に関する連携協定を締結
この連携協力により、東京八王子トレインズは八王子市から広報活動や試合会場の利用に関する支援などを、八王子市は東京八王子トレインズから地域貢献活動の充実化や競技力の向上に関する支援などを互いに受けることができるようになる

2018年3月14日
2018-19シーズンのB2クラブライセンスを取得

2018年5月
B3リーグ2017-18シーズンが終了
ファーストステージ、レギュラーシーズン、ファイナルステージいずれも優勝し、B3リーグ初の完全優勝を決めた
またこの結果によりB2・B3入替戦の切符を手にする。

2018年5月27日
横浜アリーナにてBリーグ初のB2・B3入替戦が行われ、岩手ビッグブルズと対戦
55-83という結果で岩手ビッグブルズに圧勝し、見事B2昇格を決めた

2018年7月1日
Bリーグ参入に伴い、クラブ名称を「東京八王子ビートレインズ」に変更