スクール

開校中
バスケットボールスクールボタン
チアダンススクールボタン
見学受付中

こどもの各年齢の成長過程

スキャモンの図
プレ・ゴールデンエイジ(4~8歳ごろ)
人間の成長の中で、神経回路が急激な成長を迎える時期です。
運動能力の基礎はこの時期に形成されます。
この時期に、たくさん身体を動かせることが大切です。

ゴールデンエイジ(9~12歳ごろ)
「即座の習得」が可能な年代で、新しい動きや高度なテクニックでも、何度か見ただけですぐ身に付ける事が出来るようになる等、技術・センス共に成長が見込める時期です。
また、9~12歳の時に覚えた動きは大人になっても忘れる事がないと言われています。

ポストゴールデンエイジ(13~15歳ごろ)
この時期は身体が著しく成長する時期です。
骨格が急速に成長するので、身体のバランスが今までと異なる為、感覚が狂い、習得した技術が一時的に出来なくなったりする場合もありますが、「考えながら練習する等」を行い、個人能力や技術を高め、身体・精神・集中力を作り上げます。