チーム理念・ビジョン

チーム理念

チーム理念

 東京八王子トレインズは、スローガンに『子ども達に夢と未来を!』を掲げ、東京都八王子市を本拠地としたプロバスケットボールチームをめざします。

 バスケットボールを通じて、「子ども達の明るい未来」や「さらなる地域の活性化」、そして「魅力ある街づくり」に貢献することをミッションとします。

 これまでの国内における景気に大きく左右されるような企業スポーツ型ではなく、ヨーロッパ型の地域に根差した市民チームで、「八王子市民の」「八王子市民による」「八王子市民のためのバスケットボール」を目標とします。

 また、周辺地域との連携も深めていくことで、トレインズを中心とした地域間交流の橋渡し役を目指します。 周辺地域の子ども達へのクリニック活動や、八王子市内外のイベント等にも積極的に参加をしていき、多摩地域全域で元気の源となるようなチーム作りに努めます。

チームビジョン

1、日本一のチーム

プロリーグで優勝する事、観客数・ファン数の多さでも日本一を目指します。

2、日本代表選手の輩出

八王子市出身の日本代表選手を輩出することを目指します。バスケットが盛んな八王子市内の小学校や中学校などをまわり指導を行いつつ、子供たちの憧れになれるような選手の育成を行います。

3、八王子ブランドの確立

現在の「高尾山」「学園都市」というブランドイメージに加え、八王子といえば”トレインズ”、そして「バスケット日本一の街」という新たな価値を日本全国にアピールし各地から八王子に人々が集まるようなチーム作りをして行きます。

チーム名について

東京都八王子市は、昔から東京と神奈川、山梨、長野、埼玉、群馬などの多くの地域をつなぐ流通の拠点として栄えてきた街です。流通の要となる鉄道網が発達し、JRや私鉄のさまざまな電車が乗り入れ、人々の生活を支えています。

 電車(Train)は、単に交通手段としての役割だけでなく、広義においては現代社会に最も求められている「人々の組織的な連携や繋がり」を意味し、チームと八王子市民や支援者との家族的な結束を願い命名しています。

 また、電車(Train)は幅広い年代から親しまれていることから、「小さなお子さんから高齢者」、「性別や国籍を問わず」、「健常者のみならず障害者」に 至るまで、広くユニバーサルにバスケットボールを楽しめる環境を提供し、電車のように全てのみなさまに愛されるチームとなれるように願いを込めています。

 さらに電車(Train)には、「導火線」や「口火」という意味もあり、バスケットボールで八王子市民の潜在的なパワーを爆発させ、日本中や世界中にその パワーを発信したいという意味も込められています。