【試合レポート】4/8,9vs大塚商会アルファーズ

2016-17シーズン
ファイナルステージ第1節HOME

対戦相手:大塚商会アルファーズ
日時:4月8日(土)
13時試合開始

スコア:東京八王子トレインズ75-58大塚商会アルファーズ


大塚のシュートで試合が開始。
しかしその後#4 ブライアン・#32 エドワードのシュートが決まり、
流れをつかんでいくトレインズ!
大塚商会も得点を重ねていくものの、
3点差をつけ1Q終了。

2Q開始後大塚に流れを奪われてしまい、
逆転を許してしまう場面も。
しかしトレインズは諦めず固いディフェンスで守り、
なんとか同点で前半を終了。

後半開始後一気に流れを掴んだトレインズ!
#77 大金素早いドライブによる連続得点や、
#4 ブライアンのダンクも決まる。
良い流れのまま最終4Qヘ!


ゴール下では外国人選手を中心に攻め続け、
ファールをもらいフリースローのチャンスが与えられる。
しっかりとフリースローを決め17点差をつけ試合終了!

☆主なスタッツ☆
#4 ブライアン 25PTS,13R,1AS
#32 エドワード 14PTS,9R,4AS
#77 大金 10PTS,2R,4AS
#52 アレクサンダー 7PTS,10R,3AS

※PTS:ポイント R:リバウンド AS:アシスト

17855361_732447536927227_4842645977633270197_o 17758492_732447306927250_1810929041718923383_o

日時:4月9日(日)
13時試合開始

スコア:東京八王子トレインズ82-73大塚商会アルファーズ


#32 エドワード・#4ハーパーの確実なシュートで先行するが
その後トレインズの得点が止まってしまう。
その間に大塚商会は確実に得点を決めていき、
リードを許したまま1Q終了。

2Q開始後は#30 鳴海の速攻が決まり、流れをつかみ出したトレインズ!
#14 地久里のアシストを#52 アレクサンダーが決めついに逆転!
しかし終了間際大塚商会に、連続得点を相手に許してしまい、
リードを許したまま、前半終了。

後半開始後、#32 エドワード・#77 大金が連続でシュートを決め、
早い展開で相手のディフェンスを崩していく!
#30 鳴海のスリーポインも決まり、流れをトレインズがつかみ
2点リードしたまま
最終4Qへ突入!

ゴール付近でのリバウンド争いの激しい攻防から
#52 アレクサンダーがフリースローを決め、
さらに#1 池田のスリーポイントも決まり徐々に点差をつけていく!
大塚商会はファールゲームに持ち込んだが、9点差をつけ試合終了!

☆主なスタッツ☆
#32 エドワード 19PTS,9R,3AS
#1 池田 12PTS,1R,2AS
#4 ブライアン 12PTS,7R,1AS
#52 アレクサンダー 17PTS,10R

※PTS:ポイント R:リバウンド AS:アシスト

17854973_732447730260541_8579884265041203603_o17834914_732447363593911_8288383297706561489_o17834088_732447396927241_508677836695931976_o