【試合レポート】2/25,26vs大塚商会アルファーズ

2016-17シーズン
レギュラーシーズン第15節HOME

対戦相手:大塚商会アルファーズ
日時:2月25日(土)
18時試合開始

スコア:東京八王子トレインズ85-62大塚商会アルファーズ
S__23093250

試合開始直後#32 エドワードの連続得点や、
#4 ブライアンのシュートが決まり点差を引き離していくトレインズ。
しかしその後大塚商会に最大1点差まで詰め寄られてしまう。
だがトレインズも粘り、逆転は許さず。
前半をトレインズリードで終了。

後半一気に点差を離していきたかったが、
大塚商会が得点を重ねていき点差を2点差まで詰められてしまうが、
#32 エドワード・#30 鳴海の連続得点が決まり
なんとか点差を元に戻し最終4Qへ!
開始直後からトレインズの流れが続き、
早いリズムでの攻撃を仕掛け、得点を重ねていく!
外国人選手を中心に攻め続け、徐々に点差を離し23点差をつけ試合終了。

☆主なスタッツ☆
#32 エドワード 20PTS,8R
#4 ブライアン 18PTS,6R
#52 アレクサンダー 13PTS,12R
#77 大金 12PTS,7R,3AS

※PTS:ポイント R:リバウンド AS:アシスト

0225GAME (4) 0225GAME (9)

日時:2月26日(日)
17時試合開始

スコア:東京八王子トレインズ74-89大塚商会アルファーズ

S__23134213

大塚商会のシュートで試合開始。
その後は両チームとも得点を重ねていき、
一進一退の攻防が続き、1Qをなんとかトレインズリードで終了。
しかし2Q開始後は、
大塚商会の固いディフェンスにより、トレインズはミスが続いてしまう。
その間にも大塚商会が得点を重ねていき、
逆転を許してしまう。

後半開始後流れを変えたいトレインズだが、
ファールや自分たちのミスが続いてしまい、
一気に点差を離されてしまう。
最終4Qやっと流れをつかみだしたトレインズ!
#32 エドワードの豪快なダンクや#1 池田のシュートがきまって
少しづつ点差を縮めていくが、
しかし大塚商会も粘り、逆転を許してはくれず試合終了。

☆主なスタッツ☆
#4 ブライアン 17PTS,8R
#52 アレクサンダー 15PTS,13R
#32 エドワード 12PTS,8R

※PTS:ポイント R:リバウンド AS:アシスト

2275

2227