【試合レポート】2/4,5vs金沢武士団

2016-17シーズン
レギュラーシーズン第12節HOME

対戦相手:金沢武士団
日時:2月4日(土)
15時30分試合開始

スコア:東京八王子トレインズ58-82金沢武士団
0204速報 (3)

金沢のシュートから試合開始。
その後も金沢の勢いに押されてしまい、いつも通りのプレーができず、
試合開始3分後、トレインズ初シュートを#4 ブライアンがバスケットカウントで決める!
ここで勢いに乗りたかったが、直後に金沢#38 井手のスリーポイントが決まり
流れを簡単に渡してはもらえず。

しかし2Q残り時間約5分、
#32 エドワードのスリーポイントが決まり点差はなんと3点差へ!
2Qオフィシャルタイムアウト明け、
トレインズのミスが続いてしまい再度11点差まで離されてしまう。

後半開始後一気に点差を詰めたいところだが、
両チームとも一歩も引かない展開へ。
#1 池田や#32 エドワードのスリーポイントシュートを決めるが、
金沢も確実に得点を重ね11点差のまま最終4Qへ。

自分たちのミスやファールによるフリースローのチャンスを金沢に与えてしまう。
金沢はフリースローを確実に決めていき、
トレインズに流れを渡すことなく試合終了。

☆主なスタッツ☆
#4 ブライアン 24PTS,11R,1AS
#1池田 13PTS,3R,2AS
#32 エドワード 11PTS,7R,1AS
#77 大金 10PTS,3R,3AS
※PTS:ポイント R:リバウンド AS:アシスト

日時:2月5日(日)
12時試合開始

スコア:東京八王子トレインズ60-77金沢武士団
0205速報 (6)

前日同様金沢のシュートで試合開始、
直後に#1 池田がスリーポイントを決めトレインズが反撃!
しかし金沢は前日と勢いは変わらず、
連続得点を決められてしまいトレインズが追いかける時間帯が続く。


2Q開始後もなかなか得点を決められないトレインズ。
さらに自らのミスから、金沢へ得点を許してしまい
点差をさらに広げられ前半戦終了。

ハーフタイム明け、気持ちを入れ替え
全員で堅いディフェンスで相手のシュートを防ぎ
その間に得点を重ね、8点差まで点差を縮め最終4Qへ突入!

しかしトレインズはファールがかさみ、
金沢へフリースローのチャンスを与えてしまい主導権は金沢へ。
そして金沢はフリースローを確実に決め、点差を再度離されてしまい試合終了。

☆主なスタッツ☆
#4 ブライアン 28PTS,8R
#32 エドワード 13PTS,11R,2AS

※PTS:ポイント R:リバウンド AS:アシスト

0205速報 (7)