【試合レポート】11/19,20vs東京海上日動ビッグブルー

2016-17シーズン
レギュラーシーズン第2節HOME

対戦相手: 東京海上日動ビッグブルー
日時:11月19日(土)
18時試合開始

スコア:東京八王子トレインズ97-77東京海上日動ビッグブルー

1Q14-16
2Q27-16
3Q20-21
4Q36-24

s__20889696

レギュラーシーズン ホームゲームがついに開幕しました!

1Q
試合開始後、硬さの見える両チームだったが
トレインズ#32 エドワードのフリースローで口火を切り続けて
#30 鳴海のスリーポイントが入り、リードを奪うが東京海上日動も反撃し逆転を許す。

2Q
両チームミスも多くなかなか得点が伸びず。
しかし#4 ブライアンのダンクシュートが決まり
その直後#52 アレクサンダーのダンクも決まりトレインズの流れに!
逆転をし9点差をつけ2Q終了。

3Q
トレインズのボールでスタート!
#32 エドワードのシュートに続き#30 鳴海がこの試合3本目のスリーポイントを決める!
徐々に差は広げその差11 点差に!
しかしディフェンスを強くした東京海上日動に対しゲームは混戦模様に。
残り2分で3点差まで詰め寄られるものの、その後立て直し
8点リードをし3Q終了。

4Q
常にリードはしているが、なかなかリズムに乗れず点差を引き離すことができず。
しかし#30 鳴海のスリーポイント、パスカットを速攻にとアシストでも好調さを見せ
点差を広げていく。
さらに#14 地久里のスリーポイントや#4 ブライアンの豪快なダンクが決まり
トレインズの流れのまま20点差をつけ試合終了。

日時:11月20日(日)
15時試合開始

スコア:東京八王子トレインズ84-59東京海上日動ビッグブルー

1Q19-14
2Q18-18
3Q17-15
4Q30-12s__20930589

1Q
最初の得点を東京海上日動に決められるが、
その直後に#77 大金がスリーポイントで返す。
#30 鳴海のアシストを#1 池田が決めトレインズの流れが続く。
しかし東京海上日動も追い上げをみせ5点差で1Q終了。

2Q
東京海上日動も着実に点数を重ね逆転を許してしまう。
だが、全員の堅いディフェンスで自分たちの流れを作り、
再びリードを奪うトレインズ。
#1 池田のスリーポイントも決まり、5点リードし2Q終了。

3Q
トレインズのスローインでスタート!
両チーム互いに厳しいディフェンスを展開し、開始2分経過するもノーゴール。
東京海上日動が後半最初の得点を入れゲームが動き出した。
前日好調だった#30 鳴海の外角シュートの当たりが出ず
その差を大きく広げることができないトレインズ。
7点リードをし3Q終了。

4Q
徐々に攻撃のリズムが出てきたが、東京海上日動も対抗し
大きく点差をつけることができないトレインズ。
しかし#4 ブライアンのシュートやリバウンドの頑張りも出始め
ファールで得たフリースローも決めトレインズの流れに!
#14 地久里もフリースローを確実に決め
25点差をつけ試合終了。

レギュラーシーズン3連勝を飾ることができました!
応援していただき、ありがとうございました!
次節はアウェイでの、金沢武士団戦になります。
連勝記録を伸ばせるよう、応援をお願いします!

【次節ホームゲーム情報】

VSライジングゼファーフクオカ

12/3(土) 16:00開場 18:00試合開始 

12/4(日) 13:00開場 15:00試合開始 

場所:日本工学院八王子専門学校 (八王子市片倉町1404-1)

チケットの購入はこちら
http://trains.tstar.jp/